« 仲間(BlogPet) | メイン | 【ネタバレ】宇宙戦艦ヤマト・復活篇 »

2009年12月18日

●Winamp5.57は重い?

うちのノートPCではWinamp2.91を使ってます。
これは、Gucchi's Lyrics Plug-Inを導入して持込カラオケをするためです。
※プラグイン導入により、mp3+タイムタグ.txtにてワイプカラオケ可能。

しかし、Winamp2.91のID3タグはUNICODE未対応のようです。
と言うか、Winamp5.3ぐらいまで未対応とかもうね。(ノД`)
で、このID3V2.3 UNICODE対応がどう関係するかというと、文字化けに関係します。
例えば、Mp3tag(タグエディター)で保存したタグが、winamp2.91でバケラッタとかね。orz
ID3タグから曲情報を読み取りたいのに、バケラッタでは読めません。

そこで、この時点で最新のWinamp5.57を導入してみました。
これなら、ID3タグ問題は解決するだろうと。
早速サイトに飛びましたが、何故かBundle版にチェック入れないとDLできない罠。
チェック入れないと次窓が開き、表示領域が減ると言う不思議。( ゚д゚)ポカーン
ダウンロードボタンを押下する度に次窓開きまくりで、ワラタ。
一体、何がしたいのでしょうね。('A`)

-閑話休題-

で、Winamp5.57の機能をフルで入れてみました。
よく分からないプラグインも全部入れました。
さぁ、mp3をクリックだ! 起動に6秒以上かかりますた!(゚∀゚)アヒャ!
うちのスペックは、Athon X2 1.99GHz・メモリ1GBなんですが、足りませんか。orz
Winamp2.91なら、1秒掛からないのに・・・何でこれだけ重いのだろうか?

ネットで調べると、みんな同じ状況らしく、対処法がちらほらと。
どうやら、起動時のネット接続やメディアライブラリのプラグインが重いらしい。
早速、重い設定を解除し、プラグインをガンガンアンインストールしてやったぜ。
結果、オプションのプラグインには、入力・出力・視覚・DSP・汎用だけとなりました。
汎用も、『モダンスキンサポート』しか入れてません。
この状況で、起動速度測定を試してみた。

テーマをクラシックにすると、約1.5秒程度。
Winamp2.91と比べると遅いけど、使えるレベルですね。
で、テーマをモダンにすると、カッコイイけど約2.5秒程度。
軽さならクラシックなのですが、薄いブルーの見た目に惹かれてモダン使ってます。


なお余談ですが、Winampは2.91・5.57共に終了が遅いです。
画面上は終了していますが、プロセスは3秒ぐらいしないと終了しません。
その状態でWinampを起動しようとしても、起動がキャンセルされるのであしからず。
多分、二重起動防止が働いているのではないかなと。
・・・キャンセル処理に気づかず、「10秒経っても起動しねぇ!」ってキレてました。
連続起動・再生にはご注意下さい。

#追記
俺用の高度なタイトルフォーマットをメモ。
こうすれば、プレイリスト上でだいたいのID3タグが見えるって事で。
俺用ルールも残しておけば、飛んだ時になんとかなるだろう。

[%genre%-][%album%-][$if2(%title%,$filepart(%filename%))-][%artist%-][%year%]
ジャンル-アルバム-曲名(空文字だったらパス無しのファイル名)-歌手名-年号

ジャンルには、Anime TV・Radio・Anime MV・特撮 TV・Gameなどを記入。
アルバムには、とらいあんぐるハート OPなど、作品名と使用箇所を記入。
年号には、作品の開始年号を記入。(CD発売日では無い)
コメントには、初出以降の作品名と使用箇所、カバーなどの情報を記入。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://neta20000.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/1167

コメントする