≪ ブログのシステム設定 | メイン | ページ分割 ≫

2006年2月16日

●エントリーを更新したときに更新Pingを送信するプラグイン

久しぶりのプラグインの設定です。

よく有る話なのですが、ちょっと前に書いたエントリーに追記したい場合ってありますよね?
ところが、Movable Typeでは更新時にはPingを打ってくれません。
そのため、せっかくの追記内容を誰にも知られないってことも・・・。orz

俺自身としては今まで困ってなかったのですが、必要に迫られて探しました。
すると、更新時Ping送信してくれるプラグインが公開されていたので、紹介します。

#参考記事 (from Ogawa::Memoranda)
エントリーを更新したときに更新Pingを送信するプラグイン

参考記事とおりに設定しようとすると、何故かファイルが足りない?
記事には3つのファイル名が見受けられますよね。
でも、実は1つで足ります。多分、前のバージョンの紹介が残っているだけだと思われます。

とりあえず、解凍フォルダ内にある『update-n-ping.pl』をPluginsフォルダにアップロードすればOKです。
あとは、blogの『環境設定』の『設定』→『プラグイン』をクリックして、Ping先を指定して下さい。

参考記事にも注意点として書いてありますが、Movable TypeのPingと重複するので、気を付けてね。
(俺はFeedBurnerへのPingだけ、このプラグインで打っています。)

それとプラグインを利用の有無ですが、これはblogからではできませんので注意を。
設定は、Movable Typeにログインして、『システムメニュー』→『システム』の『プラグイン』をクリック。
ここで、プラグインの利用の有無を設定できますので。(^^

これでまた便利になった。便利なプラグインをどうも~♪

2005年12月18日

●エントリーのプレビュー表示をするプラグイン

エントリーのために記事を作成した場合、だいたいの方は推敲を行いますよね?
Movable Typeでは一応プレビューするための設定がありますが、あまり役に立ちません。
どうせ確認するならば、実際に投稿した状態(blogに反映されている状態)でしたいですよね?

そんなプレビューを可能にしたプラグインがありましたよ~♪
エントリーのプレビューを行うプラグイン(Movable Type 3.2対応&BigPAPI対応)(from The blog of H.Fujimoto)から導入できます。

別途必要なプラグインの設定も紹介されているので、ぜひ設定しておくことをお勧めします。
機能的にもこちらが良いですし。それに、標準の確認ボタンには一つ問題があるらしいのですよ。
詳しくは、エントリーのプレビューを行うプラグイン(Movable Type 3.2対応&BigPAPI対応)(from Brilliant Rose)をご覧下さい。

試しに該当記事の部分を、Ver3.2-ja-2で確認してみたましたが、対処されていないかも?
(該当記述を追加してなかった。別の箇所で修正済みなの?)
正直な話、俺には判断できないッスね。
まぁ、今回のプラグインなら問題ないので、一石二鳥と思って導入をお勧めします。

いつも、便利なプラグインありがとうございます。

●blockquote要素でも自動改行してくれるプラグイン

blogで記事を書く場合、改行は自動認識をしてくれます。
なので、いちいち<br>タグなどを入力する必要はありません。
これもblogの特徴だと、俺は思っています。

しかし、blockquoteで囲まれた要素となると、手動で<br>を入力する必要があります。
そのため、非常に手間が掛かることがあります。
特に、カスタマイズ記事などでソースを表示させる人は、blockquote要素を利用することが多いかもしれませんね。
(俺はよく利用していますので、ほぼ必須要素ですね。)

てことで、blockquote要素内でも自動的に改行をしてくれるプラグインがありました。
「改行を変換する」を改良するプラグイン(from The blog of H.Fujimoto)から導入できます。
無事に設定できれば、改行で手間を取ることはないでしょう。

このプラグインを導入したら、エントリー時の初期改行設定を変更しておきましょう。
個別blogの『環境設定』→『設定』→『新規投稿』にある『改行設定』を見て下さい。
ココに改行テキストエディターとあると思います。
それを初期値に変更して保存しておけば、OKです。

余談ですが、このプラグインはVer3.2英語版で動作しているそうです。
もしかしたら俺の環境だけかも知れませんが、一つ気になっている点があるので紹介しておきます。
例えば、下記内容のエントリーをしたとします。

改行が
消える?
<blockquote>
俺の環境だけ?
</blockquote>

一見問題なさそうですが、WEB上からblogを閲覧すると下記になってしまいました。

改行が消える?
<blockquote>
俺の環境だけ?
</blockquote>

何故か、<blockquote>タグの上にある改行が消えてしまいます。
俺の環境がVer3.2-ja-2だからかも知れませんが、よく分かりません。
(可能性としては、入れ子として判断されているのかも。入れ子は正常の動作しないそうですから。)

とりあえず対処法は一応分かったので、今のところはその方法でやってみるつもりです。
エントリーする際に、あえて改行を1つ追加しておきます。

改行が
消える?

<blockquote>
俺の環境だけ?
</blockquote>

このように<blockquote>の前に改行を1つ追加することで、上記現象を回避することができました。
似たような現象が起こっていたら、試してみてはどうでしょうか。
・・・って、実は俺が無知なだけで、<blockquote>の前には改行を入れるのが当たり前だったりして。(^^;

なんにせよ、いつも便利なプラグインをありがとうございます。

●日本語外のコメントやトラックバックを対処するプラグイン

blogを運営していると必ず引っかかるのが、コメント・トラックバックへのスパムです。
一応、Movable Typeには最初から対処プラグインがあるんですけどね。
もうちょっと細かい設定をするには、ちょっと不便です。

そんなわけで、日本語がどれだけ使われているかで判別するプラグインがありました。
日本語でないスパムをフィルタするプラグイン(MT3.2用)(from The blog of H.Fujimoto)から導入できます。

句読点の数やひらがなの数まで細かく設定できますし、スコア設定もできます。
まぁ、俺から説明できることは無いので、参考先をご覧下さい。(^^;

便利なプラグインをありがとうございました~♪

●エントリーの投稿日を公開日に自動変更するプラグイン

エントリーをした後に投稿日(時間)を見ると、やけにズレているってことありませんか?
Movable Typeでは、新規エントリーを作成(クリック)した瞬間に、投稿日(時間)が決まります。
なので、参考記事を持ってきたり、何度も推敲していると、公開した時間とズレが生じます。

こんなことを毎回手動で書き換えていたら、面倒でイヤになってしまいますよね。
しかしこんな作業とも、下記のプラグイン導入でおさらばできます。
エントリーの投稿日を公開日に自動変更する(MT3.2用)(from The blog of H.Fujimoto)から導入できます。

特に設定で難しいことは無いでしょう。俺はすんなりと設定できました。
別途に必要なプラグインも一緒に紹介されていますしね。
完了すれば、公開設定を公開にして保存した段階で、投稿日(時間)が保存した時間に自動修正されます。
いやぁ、これでどんだけ推敲していても大丈夫ですな、わっはっは。

便利なプラグインをありがとうございました~♪

 1  |  2  | All pages