≪ 携帯対応 | メイン | 条件付きGET ≫

2008年1月28日

●投稿日○時間後に更新されたエントリーを更新日の降順に表示するカスタマイズ。(その2)

てことで、その2です。
その1を知らないと意味が無いので、未読の方はその1を先にご覧下さい。


では、肝心のカスタマイズ記事については、続きをご覧下さいな。

#動作確認バージョン(MySQL前提)
  MT4.01、4.1

#関連記事
投稿日○時間後に更新されたエントリーを更新日の降順に表示するカスタマイズ。(その1)
投稿日○時間後に更新されたエントリーを更新日の降順に表示するカスタマイズ。(その2)

2008年1月27日

●投稿日○時間後に更新されたエントリーを更新日の降順に表示するカスタマイズ。(その1)

MT3かつSQLiteの時は、たくさんのプラグインとループを利用して、強引にやってましたね、俺。(^^

投稿日よりも後に更新されたエントリーをリスト化するカスタマイズ

正直、アレはよくなかった。
出力されるHTMLにはループの残骸である改行が山ほど出てたし。
そもそも、DBがあるんだから、初めから条件用意して一発で取得が理想でしょう。


てことで、MT4に合わせてMySQLにDB形式を変更したので、SQL発行で何とかならないかってのが、今回の目的です。
実はMySQLにDB形式を変更したのも、MT3時代にSQL発行での当該カスタマイズ記事を見つけたからです。

#from Movable Type備忘録
SQLでエントリを更新された順にソートする

で、喜び勇んで駆けつけると、なんと紹介されているSQLプラグインはMT4では動作しないってオチが。Σ( ̄□ ̄)
・・・しょうがないからネットで検索すると、ちょうど良い感じのプラグインが見つかりました。

#from Six Apart Movable Type プラグインディレクトリ
SQL

・・・ん? これって、Movable Type備忘録で紹介されていたプラグインと同じ。(^^A

が、ここで「Six Apartで紹介されているから、MT4でも動くのでは?」と勝手に妄想開始。(爆
公開先を探していると、件のSQLプラグインがコソッと更新されていたのを発見しました。
しかも、MT4に対応したってことで、ついにSQL発行を利用したカスタマイズができるわけです。


閑話休題。
そんなわけで、投稿日○時間後に更新されたエントリーを更新日の降順に表示するカスタマイズに行きます。
エントリーの降順ならプラグインでもできますが、更新日の降順で表示したいって方向けですね。

ただし、MySQLでDBを作成している方専用です。
SQLiteなど別DB形式の場合は無理なので、あしからず。
なおMT4.01で動作確認しましたが、多分MT3系でも動くんじゃないかなぁと思います。(^^


では、肝心のカスタマイズ記事については、続きをご覧下さいな。

#動作確認バージョン(MySQL前提)
  MT4.01

#関連記事
投稿日○時間後に更新されたエントリーを更新日の降順に表示するカスタマイズ。(その1)
投稿日○時間後に更新されたエントリーを更新日の降順に表示するカスタマイズ。(その2)

2007年5月13日

●投稿日よりも後に更新されたエントリーをリスト化するカスタマイズ

てことで、ようやくできましたよ、このカスタマイズ。
昼からずっと悩んでいたのですが、一応は形になったのかな?
そんなわけで、カスタマイズ方法を記事にしてみますか。

なお、現在動いているだけなので、この後はどうなるか分かりません。
もしダメだったら・・・何か考えます。(^^A

まだ課題が残っていますが、とりあえず公開しますか。
気になる方は、続きへどうぞ。

#このエントリーは、MT3かつSQLiteで確認しています。MT4でも各種プラグインが動作するかは分かりません。(ぉ
 なので、別途MT4+MySQLを利用したカスタマイズ記事をエントリーします。
 ・・・MT4+SQLiteは誰かに任せます。(爆

#2008-01-28 00:08 更新
 MT4+MySQLを利用した最終更新日関連記事をエントリーしました。→コチラ

●自動で更新される最終更新日をエントリーに載せるには?

別に難しい話じゃないのですが、エントリーに最終更新日が欲しいのですよ。
現状は投稿日だけが最後に記載してあります。
そのため、この記事がいつ更新されたのかは、手動で明記する必要があります。

もちろん、何を更新したかを考えると手動での明記は必須なんですけどね。
それでも、最終更新日ぐらいはパッと自動でやりたいじゃないですか。(^^

多分、ほとんどの方がやっていると思いますが、意外に・・・というのを考えて書きます。
(俺も結局、今までやってなかったわけですから。)
詳しくは続きをどうぞ。

#このカスタマイズは、MT3時代のみ有効です。
 MT4では公開日の概念が変わったため、別途MT4用の記事をエントリーします。