≪ 最終更新日関連 | メイン | 検索ページ ≫

2007年1月20日

●HTTP/1.1の条件付きGETを設定してみた。

まぁ、タイトルの通りです。
どうやら、そういった処理が有るようなんですよ。
要約すると、ローカルキャッシュ?と比較して更新されていなければ、ファイルをGETしないってこと。
そりゃ、何でもかんでも無差別にGETされたら、その分だけトラフィックが増えるからね。

で、JPGやHTMLなどをGETした場合は、更新日チェックが行われるらしいのですよ。
だから、更新分だけトラフィックが増える。
しかし、PHPに関してはデフォルトで更新日チェックが行われないらしいです。
よって、ブログ全体分だけトラフィックが増える。(((((゚Д゚)))))ガクガクブルブル

当ブログのように、PHPモジュール化なんてしているサイトは、見事にトラフィックが多いわけです。(^^A
・・・そりゃ、動的処理をしているならともかく、俺のは単にモジュール化しているだけだしな。
まったく無駄なトラフィックなわけですよ。

さてどうするかと言うと、下記に良い記事が有ったので紹介しておきます。

#from 小粋空間
HTTP/1.1 の「条件付きGET」を利用して PHP ファイルアクセスによるサーバ負荷を削減する

#from Ogawa::Memoranda
「条件付きGET」のススメ

そんなわけで、上記サイトの通りにやったらうまく行きました。
当ブログでは分割モジュールが多いので、『ts_list[]』が10行以上書く必要がありましたが。(^^;
(読み込んでいるモジュール分だけ、『ts_list[]』を増やす必要性がありますから。)

なお、『Live HTTP Headers』はFirefox1.5.0.9でも無事に使えましたので、2.0を必ず入れる必要性は有りませんでした。

いやぁ、便利な記事があって助かった。記載者の方々どうもです。