≪ カテゴリー並び替え | メイン | ツリー化 ≫

2006年2月 6日

●当月以前のカレンダー月の維持。

てことで、前回の予告通り、リアルタイム横型カレンダーで気になった点の修正です。
前月の日をクリックして閲覧すると、カレンダー部分だけ当月に戻るヤツね。

これに関しては、すでに小粋空間で方法が紹介されてました。
なので、俺は何も考えずに調整できそうです。(ぉ

#参考記事
月送りカレンダー状態保持スクリプト(from 小粋空間)

もう書いてあるとおりやったら、はい完了ってところです。
正直、それ以外に言いようも書きようもありません。
・・・どう見ても手抜きです、本当にありがとうございました。orz

しいて言うならば、前回の月送りの”>”の位置を調整した方は、カスタマイズ箇所を見極めてくれってことぐらいかな。
マジで、yujiroさんの記事そのままで悩む箇所は無かったッスわ。
俺には、こういった記事を0から作成する能力ないな、あはは・・・。

2006年1月31日

●リアルタイム横型カレンダー補足です。

さて、2005年12月31日に横型カレンダーのカスタマイズを行いました。
今も無事に動いているのですが、ちょっとだけ気になることが・・・。

いやね、月の左に”<”ってありますよね?
これは前の月へのリンクなのですが、”>”が月のすぐ右に出てくるんですよ。
意味が分からないって? では、いつもの例題を。

< January     / 1 2 … 31
  December >  / 1 2 … 31

前回のままだと、上記のように表示されます。でもね、”>”は31日のさらに右に出したくありません?

< January     / 1 2 … 31
  December    / 1 2 … 31 >

こんな感じに出したいのですよ。その方が、俺的には好みなのです。(^^
じゃぁどうするかと言うと、前回作成したカレンダーアーカイブをカスタマイズします。

まずは、前回のままのカレンダーアーカイブのソースの一部です。

・・・省略・・・
<div class="calendar">
<span class="calendarHead">
<MTArchivePrevious>
<a href="<$MTBlogURL$>archives/calendar/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/index" $>.php"><</a>
</MTArchivePrevious>
<$MTArchiveDate format="%B %Y" language="en"$>/
<MTArchiveNext>
<a href="<$MTBlogURL$>archives/calendar/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/index" $>.php" >></a>
</MTArchiveNext>
</span>

<?php $day = date(j); $year = date(Y); $month = date(m); ?>
<MTCalendar month="this">
・・・省略・・・
</MTCalendar>
</div>

見れば分かりますが、”>”の位置を変更すればなんとかなりそうな気がします。
当たりを付けてやってみたところ、一回目は見事に失敗。orz
結局、三回目でようやくうまく行きました。

てことで、このソースを下記のようにカスタマイズしましょう。

・・・省略・・・
<div class="calendar">
<span class="calendarHead">
<MTArchivePrevious>
<a href="<$MTBlogURL$>archives/calendar/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/index" $>.php"><</a>
</MTArchivePrevious>
<$MTArchiveDate format="%B %Y" language="en"$>/
<?php $day = date(j); $year = date(Y); $month = date(m); ?>
<MTCalendar month="this">
・・・省略・・・
</MTCalendar>
<MTArchiveNext>
<a href="<$MTBlogURL$>archives/calendar/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/index" $>.php" >></a>
</MTArchiveNext>
</span>
</div>

このようにカスタマイズすると、無事に”>”の位置が思ったところに出てきました。
いやぁ、よかったよかった。

てことで、前回の横型リアルタイムカレンダーのあんまり役に立たない補足でした~♪

2005年12月31日

●リアルタイム横型カレンダーを設置してみました。

そろそろ、今年も終わり来年が始まりますね。当blogもようやく、公式に発表できます。(^^
今回は、カレンダーのカスタマイズです。最初のカレンダーはちょっと場所を取りすぎてました。
他サイトを見ると横型のカレンダーをよく見かけましたので、それに変更してみました。

まぁ、いつもみたいに人様の記事見てがんばるだけなんですけどね。(^^;
#参考記事(from 小粋空間)
月送りカレンダー(横型・リアルタイム版)
月送りカレンダー・1日に表示されなくなる不具合を改善

今回のカスタマイズは、正直何をやっているかあんまり分かってないです。
いや、キチンと動いているようですが、俺の理解が追いついていないだけ。orz
よくこんなやり方思いつくなぁと、感心するばかりですわ。

さて、躓いたところですが・・・カレンダーの背景指定では相当苦労しました。
参考記事のコメントによると、今回新規作成した『calendar.css 』にbodyを追記すれば良いみたい。
でも、いろいろとスタイルシートの勉強をしつつやってみたけど、うまくできない。
同じように迷宮入りした人も、実は何人か居たようでして・・・原因不明でした。

とりあえず、俺は『calendar.css 』の先頭にbodyを追記したら解決できました。
(途中に追記したりしてたけど、何故かダメだった。先頭じゃないとダメなのかな?)

body {
background-color: #f5ffff;
}

色に関しては、個別に変更すれば大丈夫だと思います。

あと、phpモジュール化をしている方はちょっと気を付ける箇所があります。
当blogでは、カレンダー機能をモジュール化して、phpスクリプトで読み込むようにしてました。
その場合、月送りカレンダー・1日に表示されなくなる不具合を改善(from 小粋空間)で問題が起こります。
読み込み形式を<?php readfile("○○"); ?>としていると、WEB上で閲覧する際に変な文字が羅列されたりします。
これは、phpスクリプトを記述しているファイルを、<?php readfile("○○"); ?>で読み込んでも正常に動作しないからです。
他にも、phpスクリプトを記述するファイルの拡張子を、phpとしていない可能性も有りますね。
(拡張子がphpじゃないと、phpスクリプトは動作しないそうです。)

拡張子に関しては、出力ファイル名を書き換えて再構築すれば良いだけです。
ですが、読み込み形式に関してはやり方を変更するしかありません。
phpスクリプトを記述しているphpファイルを、さらにphpスクリプトで読み込むには<?php include("○○"); ?>を使います。
こうすれば正常に動作すると思います。

参考に、当blogのindex.phpの一部ソースを記載するので、参考になればと思います。
いつものことですが、続きをクリックして確認して下さいな。